東北大学 金属材料研究所 量子ビーム金属物理学研究部門
研究者の方 学生の方 中性子利用をご検討の方 卒業生・研究室関係の方 研究室内向け
東北大学 金属材料研究所 量子ビーム金属物理学研究部門

ごあいさつ

 量子ビーム金属物理学研究部門(スピン構造物性グループ)には,スピンが絡む量子現象に興味を持つ者が集っています.絶縁体のフラストレート磁性,金属磁性,スピントロニクス基盤物質の磁性,超伝導体の動的磁性など広い対象を研究しており,スピンの特異な構造と動きを精密に観測することから,その発現メカニズムの解明を目指しています.研究手法の特徴は,高品質な単結晶の作成と中性子線やX線などの量子ビーム実験の組み合わせで,中性子によるスピンの新しい測定手法の開発も行っています.中性子散乱とミュオン測定を専門とする教員が伴に存在する大学研究室としては,日本初かつ唯一です.スピン物性の新しい発見を目指して一緒に活動してみませんか. (研究内容

 

スピン物性と先端計測技術の専門研究室で,新しい研究を一緒に始めませんか.
J-PARC MLFに建設を進めている最先端の中性子散乱装置が稼働を始めた絶好の機会です.

学生向け研究紹介リーフレット

Publications» 最近の論文から

■ 共鳴軟X線散乱でみるLa2-xSrxCuO4のスピン・電荷秩序と超伝導の関係 arXiv:1810.10600.
■ T'構造銅酸化物の電子状態に対するCe置換効果とアニール効果 J. Phys. Soc. Jpn. 87, 094710 (2018).
■ 超過剰ドープ銅酸化物における強磁性揺らぎ Phys. Rev. Lett. 121, 057002 (2018).
■ Time to launch POLANO AIP Conf. Proc. 1969, 050001 (2018).
■ J-PARCの中性子チョッパー分光器4SEASONSの装置分解能 AIP Conf. Proc. 1969, 050004 (2018).
■ フラストレーションのある二本足梯子物質のスピンによる熱伝導 J. Phys. Soc. Jpn. 87, 074702 (2018).
■ 高圧力下X散乱実験で明かすYBa2Cu3O6+δの構造乱れの役割 Phys. Rev. B. 97, 174508 (2018).
■ La1.885Sr0.115CuO4における電荷・スピン秩序の研究 Phys. Rev. B 97, 064511 (2018).
■ NMRを駆使した超伝導体LSCOの電荷秩序の再調査 Phys. Rev. B 96, 224508 (2017). Editors' Suggestion
■ 電子ドープ型銅酸化物超伝導体の堅固な電荷秩序 Phys. Rev. X 7, 041066 (2017). Press release
■ J-PARC/MLFにおける中性子散乱装置群 Quantum Beam Sci. 1, 9 (2017). 
■ La2-x(Sr,Ba)xCuO4の分散を持つ電荷励起 Phys. Rev. B 96, 115148 (2017).
■ 温度履歴に依存した磁気スキルミオン相の温度磁場相図確定 Phys. Rev. B 95, 134412 (2017). 
■ ドープされたキャリア近傍の局所強磁性相関 Phys. Rev. B 95, 165108 (2017).
■ 擬ギャップ温度以下で発達する銅酸化物高温超電導体の磁気励起 Phys. Rev. B 95, 024504 (2017).
■ 擬カゴメ近藤格子物質のメタ磁性転移と部分無秩序 J. Phys. Soc. Jpn. 86, 034709 (2017).
■ 鉄系梯子型物質における置換と圧力による絶縁体金属転移の誘起 J. Phys. Soc. Jpn. 86, 024701 (2017).
■ カイラル磁性体における磁気構造解析を通した電気分極の解明 Phys. Rev. Lett. 117, 047201 (2016).
■ ミュオンでみる銅酸化物高温超伝導体の局在・遍歴磁性 J. Phys. Soc. Jpn. 85, 124705 (2016).
■ 高温超伝導の背後にある強い電子相関 J. Phys. Soc. Jpn. 85, 114716 (2016).
■ 重い電子系における空間反転対称性の破れの効果 J. Phys. Soc. Jpn. 85, 104703 (2016). 
■ 重い電子系化合物における超伝導と非フェルミ流体挙動 J. Phys. Soc. Jpn. 85, 094713 (2016).
■ 銅酸化物高温超伝導体におけるエネルギー階層的磁気励起構造 RADIOISOTOPES 65, 469–479 (2016).

News & Topics  » 今後の予定» 過去の一覧

2018年10月31日
D2の浅野君とM1の工藤君が,SPring-8で実験をしてます.
2018年10月29日
名大の石崎君が,結晶育成のため研究室に滞在されます.
2018年10月13日
芋煮会をしました.M1のみんなが,前日から仕込みを頑張ってくれました.
2018年10月12日
CROSSの池内さんとQSTの石井さんが,結晶育成と議論のために滞在されています.
2018年10月11日
2ヶ月ぶりにギャラリーの写真を更新しました.
2018年10月1日~
唐君が新たに研究室メンバーとなりました.
2018年9月27日
学部1年生向けのKEKつくば,J-PARC見学会(弾丸ツアー)があり,池田助教が引率しました.
2018年9月17日~
ワルシャワで開催された国際会議で,藤田教授が招待講演しました.
2018年9月8日~
高温超伝導フォーラム,物理学会に参加.浅野君はT*構造銅酸化物の初データを発表しました.
2018年9月1日~
研究室合宿で南会津に行きました.写真はこちらです.
2018年8月27日~
M1の川本君と南部准教授が,新学術領域研究のシンポジウムで発表しました.
2018年8月18日~
浅野君が,高温超伝導の国際会議(M2S)に参加するため,北京に旅立ちました.
2018年8月17日~
M1の梅本君が,KEKのサマーチャレンジ2018にTAで参加させて頂いてます.
2018年8月11日
ギャラリーの写真を更新しました.
2018年8月10日
今年度4ヶ月間のまとめとなるミーティングと夏休み前飲み会を行いました.
2018年8月6日~
有志による「中性子科学の活性化に向けた討論会」を開催いたしました.
2018年7月27日~
D2の浅野君が,SPring-8のBL11XUでX線非弾性散乱実験を行いました.
2018年7月20日
理研の中島さん,KEKの本田さんにお越し頂き,討論会セミナーを行いました.
2018年7月13日
久しぶりに全員揃ってラボ・ミーティングを行いました.(みっちり3時間.)
2018年7月6日
10月から研究室メンバーに加わる唐君が来仙しました.
2018年7月3日
電子ドープ型銅酸化物の電子状態に関する浅野君の論文が,JPSJに掲載決定しました.
2018年6月25日~
MLFの"大観"で,池田助教と南部准教授が偏極中性子小角散乱実験を行いました.小野瀬研との共同研究です.
2018年6月20日~
藤田教授が,マレーシアで開催された国際会議で基調講演を行いました.
2018年6月15日~
D2の浅野君と鈴木助教が,ミュオンおよび中性子散乱実験をMLFで行いました.
2018年6月13日~
南部准教授が,フランスのILLで偏極中性子非弾性散乱実験を行いました.
2018年6月12日~
M1の工藤君がミュオン実験に参加しました.最後の試料は工藤君が担当でした.
2018年6月6日~
南部准教授が,オーストラリアのANSTOで中性子回折実験を行いました.
2018年5月28日~
名大清水研の学生さんが,核偏極実験用の結晶作りで研究室に滞在されます.
2018年5月19日~
理論研究者がMLFに課題提案した中性子散乱実験を共同で行いました.
2018年5月8日~
藤田教授が,オークリッジ研究所で中性子回折実験を行いました.
2018年4月27日
新入生の梅本君,川本君,工藤君と秘書の金野さんの歓迎会を行いました.
2018年4月16日~
D2の浅野君,M1の梅本君が台湾の放射光施設で実験を行いました.
2018年4月14日
金研共融会花見.花も散り気味,ちょっと寒い花見でしたが,全所合同でできました.
2018年4月6日
中性子散乱物性研究グループのActivity Reportができました.
2018年4月2日
秘書の金野さん,M1の梅本君,川本君,工藤君が研究室メンバーに加わりました.
2018年4月1日~
広島で開催されたキラル素粒子論セミナーに参加させて頂きました.